ほうれい線を知る

1ほうれい線png一般的に30代後半から目立ち始めるほうれい線

お肌の曲がり角は25歳と言われます。
実際、ご自分の変化を気にされるのは30代後半です。
お肌に実際の変化として現れるには時間がかかります。

ほうれい線の原因は

  • その1  老廃物の蓄積
  • その2  お肌の老化
  • その3  筋肉の緊張

その1  老廃物の蓄積

老廃物は年齢を重ねる事で使わない部分ほど溜まります。
顎、フェイスライン、えら周辺、小鼻脇、頬、おでこ、などなど

その2 お肌の老化

加齢によりお肌の代謝が衰えます。
お肌の代謝と言えばターンオーバー(お肌の生まれ変わり)
一般的に28日~56日と言うサイクルで行われます。
30~40歳の方は45日程度かかるようです。
ターンオーバーが遅くなるとシミ、しわができます。

加齢によりお肌の中の状況も変化があります。
お肌のハリと潤いの源コラーゲン・ヒアルロン酸が不足します。
老廃物が溜まりお肌のめぐりが悪くなると、お肌自体の潤いやハリも衰えるとその部分はたるみ
しっかりした部分にのっかる事になります。
口元ではマリオネットライン、
小鼻脇ではほうれい線ができます。

また紫外線による影響も日々蓄積され、お肌の酸化が進んでいます。
25歳から目に見えない形でお肌の中では変化していて
目に見えて実感し、焦るのが30代半ばと言うことのようです。

その3 筋肉の緊張

私達の身体を支えているのは屈筋と呼ばれる身体を曲げる時に縮む筋肉です。
頭が前にかがむ事で、奥歯を噛締め、首の前の筋肉が縮みます。
首の前は頭を支えるとても強い屈筋です。

首の前の屈筋が縮むと頬の筋肉、胸(大胸筋)が縮みます。
首凝り・肩凝りはこのことから生まれます。

頬の筋肉も縮むと頬はやつれこけた感じになります。
また緊張した筋肉の為、リンパのめぐりが悪くなり
ほうれい線、くすみ、むくみ、二重あご、眼瞼下垂などなどの悩みがでてきます。

ほうれい線の対処方法

マッサージ&保湿+リンパケア

マッサージ

様々な方法がございます。
簡単にできるものから色々なyou tubeもございます。

私が出会った方法は3時間の講習会でその場にいた20名ほどの女性ほとんどが
お肌にハリが出て、ほうれい線も薄くなったり、実際に消えたり
皆さん喜んで帰られました。

この方法は悩める方を助けることができると思いました。
この方法を使ったエステを顔筋リフトアップコース(ほうれい線を消すエステ)で体験していただけます。

頬を引っ張るようなマッサージはよりたるみの原因となるだけで

特別効果はありません。

お肌のケア、身体の根本的なケアで

どんどん若々しく変化します。

 

保湿

顔筋リフトコースで使うゲルは特殊な化粧品です。
ゲルが水分を引き寄せる力があるのでお肌に付けているだけで1日潤います。
お肌の細胞を再生する機能もあり、加齢とともに減少する
コラーゲンやヒアルロン酸の再生もするので
シミ・しわへの効果が期待できる化粧品です。

リンパケア

ほうれい線の対処方法は医学の世界でも様々
ヒアルロン酸注射やボトックス注射、美容整形も
いずれもその時だけで良いなら簡単で手っ取り早い方法ですが、長い先を考えると
リスクや維持費などなど、問題も多い方法です。

mamabeautynaviでは
お肌の潤いとハリに有効なビタミンC誘導体のゲルや化粧水・美容液も
色々使って辿り着いたものがございます。
美エイジレス塾のNANAメソッドで
お一人お一人のほうれい線の原因を一緒に見つけ、元から改善しましょう。
今よりもっと、ずっと若くキレイな貴女に辿り着いてください。

一番大切にしている方法が

お肌の奥、筋肉に着目したリンパケアです。

全身のリンパを自然と循環させる事で
細胞が元気になりお肌がイキイキ元気になるとともに
筋肉を緩める事で身体のバランスが整う

すると、ほうれい線も二重あごもスッキリなんです。

お肌へのアプローチと筋肉へのアプローチで
ほうれい線を身体の根本部分から薄く、短く、消します。

お問い合わせ お問い合わせページ
ご予約  ご予約フォーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ